攻撃時に貯まる音色を武器それぞれに指定された通り組み合わせれば、様々な補助効果を持つ旋律を奏でられる狩猟笛。
装備・援護アイテムを上手く活用できれば、マルチプレイで大きく貢献できちゃいます。

狩猟笛の使い方やテクニック、狩猟笛に関する情報をまとめてみました。

これだけは覚えたい! 狩猟笛の特殊操作&専門用語


■特殊操作
・X-攻撃+音色1(一番左側の色の音符)が蓄積
・A-攻撃+音色2(中央の色の音符)が蓄積
・X+A-攻撃+音色3(一番右側の色の音符)が蓄積
・Rボタン-演奏(音符の組み合わせが正しければ旋律発動。組み合わせが正しくなければ自身にスキができる)

■専門用語
・音色-攻撃時に貯まる音符。武器ごとに決められた旋律の組み合わせを行えば、演奏で旋律が発動せきる
・旋律-武器ごとに決められた補助効果を発動できる技のようなもの。武器情報でどのような旋律が発動できるのか、どう音色を組み合わせる必要があるのかを確認できる

■その他
・音色のストックは4つまで。4つ溜まると古い音色から消えていく
・旋律が発動できるときは画面上の音色が光りだす
・旋律は自身のみ、もしくはエリア内の味方全員に効果が発動するものがある
(全体に影響する旋律も他エリアにいる仲間には効果が発動しない)
・演奏発動時は旋律発動の有無に関わらず、行動ができない(スキが生まれる)
・旋律は笛の音が鳴り終わると発動可能(演奏中に攻撃された場合は発動しない)
・旋律は重ねがけで効果延長できるものもある

狩猟笛の基本立ち回り


狩猟笛の立ち回り、装備品選定から始まります。装備品によって発動できる戦慄の効果が大きく異なるため、味方の装備品や敵の種類によって大きく変更していく必要があります。

例えば、ソロプレイで皆が異常状態武器を装備している、キリンのような異常状態に弱い敵を相手にする場合は異常状態発動率を上げる『状態異常攻撃強化』やスタミナ消費が一時的になくなる『スタミナ減少無効』などが役立ちます。操虫棍や双剣といった仲間が多い場合は『スタミナ減少無効』、属性武器が多い場合は『属性攻撃力強化』、ジンオウガなど属性攻撃に特化している敵には『○属性防御強化』などが上げられます。

狩猟笛に特化する場合は、味方の組み合わせやクエストで討伐する敵ごとにいくつか旋律の異なるパターンの装備セットを作り、登録しておくといいでしょう。

クエスト内での立ち回りは、基本援護を意識しましょう。マルチプレイでは、慣れないうちは間合いをとって旋律を使ったり、罠や粉塵を使って援護してあげることを意識しましょう。操作に慣れてきたら、旋律の組み合わせを意識しながら攻撃していきます。気絶狙いで頭を狙う、自分強化の弾かれ無効を活かして硬い部分を狙いましょう。ただし、連続攻撃などの中には、味方を吹き飛ばすものもあるので注意しましょう。

ただ、全体的に狩猟笛は攻撃時に出るスキが大きいので、無理はしすぎないようにしましょう。

シングルプレイの時は自分強化に力を入れつつ、段差を使ったジャンプ攻撃など、素早く攻撃をできる行動を意識して時短を目指していきましょう。攻撃が遅いため、あまりもたもたしていると時間切れになる可能性もあります。状況によっては、操作性も似ている『ハンマー』と切り替えながら活用していくといいと思います。

いずれも、旋律を覚えることが重要です。
あまり慣れていない狩猟笛を使うときは予め旋律画面を写メでとる、
旋律の組み合わせを紙に書いておくなどして、ゲーム画面以外で音色の組み合わせを
確認できるようにしておくとプレイもしやすいと思います。

みんなが選んだ狩猟笛と合うスキル


笛(笛吹き名人) (8人がオススメしています)
加護(精霊の加護) (1人がオススメしています)
回避性能(回避性能+) (4人がオススメしています)
切れ味(業物) (2人がオススメしています)
KO(KO術) (4人がオススメしています)
気配(隠密) (2人がオススメしています)
広域(広域化+) (3人がオススメしています)
匠(切れ味レベル+1) (1人がオススメしています)
聴覚保護(耳栓・高級耳栓) (4人がオススメしています)
爆弾強化(ボマー) (1人がオススメしています)

あなたのおすすめ「狩猟笛」にあうスキルも募集中


あなたが選ぶ、狩猟笛に最適なスキル情報を募集中です。
みんなでオススメなスキルを自慢しあおう!

スキルに関する体験談やおすすめポイントを掲載して、
モンハンをもっと楽しもう!

ペンネーム (必須・掲載させて頂きます)

あなたが思う狩猟笛に合うスキルはなんですか (スキル名を1つ記載)

上記スキルを選んだ理由を記入下さい

頂いたデータはサイト上で一部修正させて頂いた上で、
掲載させて頂きます。


広告



モンスターハンター4G 攻略TOP】